読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最短距離を最速で!

速くなれる気がしない人に 僕の成長過程を参考にしてもらうための ブログです

みんな大好きプロテイン❗️

たんぱく質

スポーツをする人は
体重の2倍g必要と言われている
体重50Kgの僕は100gたんぱく質が必要


たんぱく質は エネルギーにもなるし 身体の調子も整えるしで万能。
万能だからこそ ついみんなを助けちゃうという弱点がある。

例えば
エネルギーは 糖質で取るのが1番効率的でいいんだけど
糖質が足りてないと たんぱく質が代わりにエネルギーになっちゃう、もったいない。
そして
本来の体をつくるという仕事に集中できなくなってしまう→ますますたんぱく質の量が足りなくなる。

これは 糖質に限った話じゃない。
だから バランスが大事って言われるわけです!

そこで ビタミンB1です!

ビタミンB1は 糖質をエネルギーに変える役割をしてくれます。スポーツをやる人ほどたくさん消費します。

つまり 糖質とビタミンB1をしっかり摂ることができれば たんぱく質は体をつくるという仕事に集中できるわけです!

糖質の必要量は たんぱく質の3倍らしいです笑

体重50Kg→たんぱく質100g→糖質300g必要



・病気と戦ってくれる抗体
・髪の毛
・皮膚
・筋肉などなど
これは 全てたんぱく質でできている

このように
たんぱく質は 色々なものになるんですが
それは 平等に分配されるわけじゃないんですよ
知ってた⁉️

例えば
たんぱく質を 100g取り入れたとして
筋肉に 80とか使う人🦍もいるし10しか使われない人もいる。
ムキムキ💪で免疫力が低い人だと
筋肉にたくさん使って 抗体にあまり使わない人

これらは 全て遺伝。どうしようもないもの。
けど

少ししか使われなかったとしても 摂取するたんぱく質の量をめちゃめちゃ増やせばなんとかなるかもよ、、、。

または
ビタミンをうまく摂るとかして頑張る。

例えば ビタミンcは 皮膚(コラーゲン)をつくるのを助ける。

ちなみに コラーゲンをとったからといって
コラーゲンとして皮膚になるわけじゃないんですよ〜🙈

たんぱく質アミノ酸レベルに分解されて また たんぱく質になるわけなんですが

なので
コラーゲンとっても一旦分解されるので
コラーゲンになるかもしれないし、ならないかもしれない笑


コラーゲンじゃないたんぱく質をとっても
コラーゲンになる可能性は変わらない。

コラーゲンをとってもケラチンになってるかもしれないしミオシンになってるかもしれない。

アミノ酸だと また話は別ですけどね。

これらの 情報は 高校で生物を勉強した内容と先生に質問ぜめをしたものと自分で調べたものです。

無責任なことは 書いてませんが
ご指摘があれば欲しいです。

冒険の書

  • ビルド走

経験値 30獲得
累計 point

  • 本当は 秋元牧場に行く予定だったのに

メカトラにより阻止された。工具を探してたらバイトの時間が来てしまった(これは自分のせい笑)ので急遽ローラー台で練習した。