最短距離を最速で!

僕の速くなるまでの軌跡残して 誰かの参考になればと思い更新中。

めんどくさいの不得意

栂池ヒルクライムがキャンセルになって
富士国際ヒルクライムDNS


超音波検査の予約がいっぱいで1番早くて6月28日

そこから 親と入院の相談が始まって
たぶん
入院して
たぶん
なんともなくて 退院して
喘息の薬もらって症状みつつ 練習してレースに出るかどうかを判断することになる。






病院の先生が他人事過ぎて イラついた話




『ブルガタ症候群だとしても 5%位の人が若くしてぽっくり逝っちゃうだけで 残りの95%の人はなんともないから 心配することないよ』



大人の都合なのか知らないけど
すごく検査を嫌がっていた





ちなみに

・入院して精密検査しないとブルガタ症候群かどうかわからない

・激しい運動をして心臓に強い負担をかけると不整脈をおこして 心臓が止まってるに等しい状態になる

・ブルガタ症候群だとわかっても 5%に当てはまるかどうかは 調べようがない




なんで そんな発言をしたのかわからない


逆に 先生は
やばいのはたった5%だからって言って

自分が
『たった5%なら 心配することないか‼️』

と思うと思ったのか⁇



5%の確率で死ぬ 病気の可能性があって 調べてみてもわからないって

怖いけどね、、、(笑)







なぞすぎるから
仮に
先生になんかしら不都合なことがあって
自分を言いくるめるとしてそんな発言をしたとしたら



ナメすぎ(^o^)/


勉強しすぎて 一周してしまったのかな?








ただでさえ


レース出れないこと
お金が無駄になったこと
完全に分かるまでは 自転車禁止なこと
テストが3科目もあること


このことで イライラしてるのに

てか 長すぎ、、、、、早く精密検査して自転車乗りたい


精密検査を終えるまでは

ずっと
もし ブルガタ症候群だったら ずっとレースに出れないという不安を持ち続けないといけない

それが 1ヶ月以上続く。


自分は なんともないだろうと決めつけてるけどね
( • ̀ω ⁃᷄)✧キリッ







ブルガタでガクブル😐